おせち いわれ

おせち料理の意味・いわれ−おせちに秘められた願いをひもとく−

 

おせち料理には幸せを祈るさまざまな意味、いわれ

 

おせち料理の品々のひとつひとつに、迎える1年が良い年であるようにという、たくさんの意味合いや願いが込められています。

 

このページでは、個々のお料理に込められた願いや「いわれ」、お正月料理の素材にこめられた願い、いわれをご紹介します。

 

おせち料理全体としての意味合いについてはおせち料理の歴史といわれに目を通してください。

 

 

おせち料理の意味、いわれ

 

おせち料理はお正月に神様と一緒にいただくもの。

 

「新年はこういう年になりますように!」「こういう人生でありますように!」といった多彩な願いがお料理にこめられています。

 

 

祝肴三種(黒豆、数の子、田作り)

 

祝肴というのは「とりあえずこれだけあればお正月を迎えるのに不足はない」とされるお馴染みの3品のお料理です。

 

おおむね「黒豆」「ごまめ」「数の子」の3つを祝肴とする地域が多いですが、黒豆の代わりに「たたきごぼう」を祝い肴に入れる地域もあります(関西の一部地域など)。

 

 

黒豆

 

黒豆には 色黒になるほど健康でマメに働けるように といった意味合いがこめられています。

 

黒豆はいかなる作物か...というと、納豆やお豆腐の原料である大豆の一種で皮が黒くなる品種です。

 

タンパク質が豊富ですし、こと黒豆は皮にアントシアニン等の健康に有用な成分も多く詰まっておりヘルシーな食材です。

 

丹波種の黒豆が大粒で有名で、ぶどう豆という別名も存在する。

 

数の子

 

数の子はニシンの卵、卵の粒が細かくて多いことから子孫繁栄への願いが込められているわけです。

 

出し汁につけた味つけ数の子が重詰めされることが多いですが、近年は数の子松前も人気です。

 

江戸時代の中期、八代将軍吉宗が正月料理に採用したのが、お正月に数の子を食べるようになったはじまりだとのことです。

 

江戸時代は今のような塩数の子はなかったので(塩数の子は明治期になってから)、干し数の子をもどしたものが食されていたのだそうです。

 

田作り

 

田作りは鰯(イワシ)の幼魚です。昔、小魚を肥料として田畑に撒いたことにちなみ、豊作を祈る意味がこめられています。

 

良く煎ったものに甘辛いたれを混ぜて供されるのです。