おせち いわれ 食材

おせち料理・お正月料理の食材のいわれ(その1)

 

ごぼう(牛蒡)

 

ごぼうは地中に深く根をはることから縁起の良い野菜だとされています。黒くなるまで田畑で働けるようにという願いも込められています。叩きゴボウに煮しめに、八幡巻きの素材など、おせち料理で大活躍する野菜です。
また、「たたきごぼう」は「叩いて運を開く」という意味合いも見受けられます。

 

 

れんこん(蓮根)

 

蓮根の穴がずっと繋がっていることから、「先を見通せるように」との願いが込められておせちに利用されます。

 

 

くわい(慈姑)

 

くわいは芽がおおきいことから「芽が出るように(立身出世できるように)」という意味でおせちに活かされます。
そのため、おせち料理として慈姑を煮る場合は、「芽」を残した形で皮だけむいて煮あげます。

 

 

海老

 

海老は火を通すと曲がることから、「腰が曲がるまで長生きで」という長寿への願いの意味が込められます。
また、加熱すると殻の色がとても鮮やかな朱色になりますので、その色合いもおめでたいものとして好まれるといったことも起こるのです。

 

ブリ(鰤)

 

ブリは成長段階で名前が変わる(ワカシ→ツバス→ハマチ→ブリ等、地域によって異なります)ことから「出世魚」といわれ、立身出世を意味する縁起の良い魚といわれ、お正月によくつかわれます。特に西日本ではブリはお正月には欠かすことができない魚です。
塩焼きのブリをおせち料理の一品として重詰めにする場合が多いのですが、一部の地域では年取り魚として年越しの膳でブリを食べる地域もありますし、九州の一部地域ではブリをお雑煮に入れたブリ雑煮を食べる地域も見られる。

 

黒豆は、まめまめしく。栗きんとんは商売繁盛ということで特に子どもたちに食べさせているわけにはいきませんが。自宅では、黒豆、栗きんとん以外に、田作り、紅白なます、そして煮しめくらいです。

 

あとは実家に行けば数の子やえび、伊達巻など本格的なおせち料理が用意されているので自宅では作りません。取り寄せることがあれば、そのときは妊娠や出産などが重なって作ることが簡単じゃないときくらいでしょうか?

 

もしくは、実家でお取り寄せしなくなれば自分たちで気にいったものを購入するかもしれません。今はたくさんの種類のおせち料理があるので選ぶだけでも楽しそうです。ちなみに今年はディズニーのお重に入ったおせち料理を購入していました。子どもたちは大喜びでしたよ。