おせち 選ぶ

おせちのおすすめ!選ぶときに見るべきポイントとは

 

おすすめのおせちはどれ?

 

たくさん取り引きされている中からどれを注文すればいいか迷っているあなたに、選び方と見るべきポイントをまとめました。
皆さんはこれまでにどんな基準でおせち料理を選んでいましたか?
料理人の知名度、有名デパートのもの、近所のスーパーのものなど、人それぞれでしょう。
だけどこれだけはぜひ押さえておいてほしい!
そんなポイントをまとめましたので、知らずに損をする前にぜひご参考にしてくださいね。

 

 

おすすめのおせちはやっぱり三段重

 

おせち料理にはちゃんと意味があります。言葉は知っていても意味までは知らない方も多くいらっしゃるのではないかと思います?
おせちとは、歴上の節句を意味しています。
おせちを漢字で書くと”御節”となることからも関連性がわかるように、一番初めの節句で食べる料理がおせち料理と呼ばれるようになりました。
おせち料理の定番といえば、数の子、黒豆、海老、田作り、昆布など、あげればきりがありませんが、これらひとつひとつの料理にもきちんと役割を担います。

 

例えば、

 

■数の子・・・子孫繁栄(ニシンからたくさんの子供が産まれることが由来)
■黒豆・・・マメ(健康)に暮らせるように。
■海老・・・長生きできることを願って。
■田作り・・・豊作祈願。
■昆布・・・よろこぶ。

 

これに関してはほんの一部ですが、これから始まる一年間を幸せに暮らせるようにとの願いが込められていることが伝わって来ちゃうのです。

 

おせち料理にはほかにもたくさんの意味があります。

 

ご家族・ご親戚の皆さんが来年を幸せいっぱいに過ごせるように、豪華ボリュームの三段重で新年のスタートを切ってはいかかでしょうか?

 

三段重は文字通りお重が三段になっているため、それだけボリュームもあり何よりお正月を意識した豪華さです。入っている料理の内容も品数豊富になり、定番メニュー以外のアレンジおせちが盛り込まれていることも! いつものおせち料理に飽きてしまっている方にこそ、ボリューム満点の豪華三段重でいつもと違う新鮮なお正月を迎えていただきたいに違いありません。