おせち 選び方

おせちを買うときに注意、その選び方とは

 

おせちを選ぶときにみなさんはどのようなセレクト方法をしていますか?

 

ブランドや料理人、見た目や価格など、人それぞれこだわりのポイントがあるかもしれません。

 

ですが、産地偽装や大気汚染が問題になっている国の輸入食品、国産であっても放射線検査の有無など、食の安全が問題視されている今、おせち料理の製造場所が国内と表示されていても使用されている食材が国産品だけとは言えません。

 

また、豪華で見栄えよく仕上げたいおせち料理だからこそ、合成着色料などがふんだんに使用されていても違和感はありません。

 

小さなお子さんのいるご家庭はもちろんのこと、ご家族やご親戚と一年の初めに食べるおせち料理こそ、味や見栄えの良さだけでなく、品質や安全性にもこだわった本物を選びたいですよね。

 

大きく違う、冷蔵タイプ(生おせち)と冷凍タイプ

販売されているおせちには、冷蔵タイプ(生)と冷凍タイプがあります。冷蔵の場合は自宅で盛り付けが必要、生のまま長時間の保存が必要となるため添加物などを多く使用している場合もあるので確認しておくようにしてくださいね。

 

素材の原産地

おせち自体が作られるのが国内だとしても、材料の原産地は表記がない場合は心配ですよね。輸入品を使用している可能性も拭え切れません。心配な方は”まぁいいか”で済ませず事前にきちんと問い合わせておく方がいいと思います。

 

賞味期限

特に冷蔵おせちの場合は、賞味期限が何日かを必ず確認することが必要です。

 

送料や遠方料金、冷凍料金などの追加料金

おせちそのものが安くても、実は送料別で総額にするとあまりお得な感じがしなくなってしまった・・・なんていうことにならないように、おせち料理本体以外にかかるすべての費用についても確認しておくべきです。

 

 

家族や来客者の希望も忘れずに

 

美味しいおせち料理が詰め合わせられていますが、メインの料理はだいたい決定されていますよね。

 

せっかくのおせち料理、購入する前に家族の苦手な食材が入っていないかどうか全品確認するには、実際に店頭まで出向いて自分の目で確かめたり、お店に問い合わせたりする必要があります。

 

とは言え、何かと慌ただしい年末年始に希望に合ったおせち料理を探すためだけに行ったり来たり、時間を割くのはあまり現実的ではないと考えられます。

 

そんな場合、どんな料理が入っているのか広告に全品書かれていれば、家族の苦手な料理がメインになっているおせち料理を避けることができます。

 

そうすることで無駄な出費を省き、単品で別の料理を買い足すこともできるためとても経済的で家族にも満足してもらうことが大丈夫です。

 

 

さらに安心して買いたいなら、こんな特典もおすすめ

 

過去にあったおせちのある事件…。

 

購入したおせちの中身が写真と違う!スカスカだった、そんな悲しいことは通常であれば受け流せるかもしれませんが、めでたい年始のハレのお料理では・・・絶対に避けたいですよね。

 

食の安全にこだわり抜いて作られていて、どんな料理が入っているのか購入前に全品わかるおせち料理ならこのようなハプニングは避けることが出来ると思いますが、それでも心配な方にオススメなのが博多久松です。

 

ぎっしりと詰まった中身とそれほどまで味や安全性、おせち料理そのものに自信があるということの証です。

 

”買ってもらえればそれでいい”というスタンスでなく、”買ってくれた人々に最高の満足を出したい!”という消費者への想いがひしひしと伝わってきます。

 

来年のスタートにふさわしいおせち料理は、ボリュームたっぷりのおせちがある博多久松がオススメです! ぜひこれらのポイントを踏まえて意識してみてくださいね。