洋風おせち 飽きた

洋風のおせち料理はあくまでも和風に飽きた人におすすめ!

御節料理といえば、お正月に家族揃って一緒に食べるという日本古来の食文化ですよね。

 

本来は正月三が日には主婦を家事から自由にさせるという意味もあり、保存の効く料理が基本となって生まれたらしいです。

 

しかし、最近ではおせち料理通販で御節料理を取り寄せる家庭が増えました。

 

そういった意味では三が日に加え大晦日も家事から解放される訳です。ましてや家族のいない単身者がおせち料理の通販を準備するのは尚更かもしれません。

 

また、おせち料理2018年人気の中にも高齢者や単身者用も順調よく需要を伸ばしているようです。

 

すでに通販市場は年間5兆円にまで成長したというのですから、御節通販に限らずかに通販などのグルメ通販が勢いを加速させてるのです。

 

何故なら、ご贈答に蟹ギフトを贈る人もいるくらいですから、かなりポピュラーになってきている証明です。

 

 

洋風や中華に注目が集まるデパートのおせち料理

 

中華のおせちで人気なのは海老チリソースなどで大人の女性も好きなので大半の中華風おせちには入れていますよね。

 

今後は中華のおせちや洋風おせちが人気の中心になるような気もしますが、プロしかつくれないようなおせちの場合まだまだ価格が高いのでプロフェショナルな人気に辿り着くには時間を要するのではないでしょうか。

 

逆に価格の比較的安い洋風おせちの場合は家庭でも仕込むことができるような内容のものが多いので子供だけの分なら別で作ってあげるほうが良いかも知れませんね。

 

ちなみに、高島屋や伊勢丹といったデパートでは高価な洋風のおせち料理が多数販売されていますが、中でも伊勢丹のおせち通販では10万円も超える洋風おせちがあるのですが、これは完全にセレブ用といっても間違いがないおせち料理です。

 

また、中華のおせち料理では高島屋と伊勢丹双方が取扱う銀座アスターの中華三段重が6万円と使用する食材やプロしか作れない料理が盛り込まれているので予算に余裕のある方には安心できると思います。

 

本格的になれば、一般的な価格ではない事がわかりますよね。ですから、できればお子様が小さい間だけはキャラクターのおせちを購入される程度にされてある程度成長されたら本格的な和風のおせちを食べれるようにしつけたいものですよね。

 

 

海鮮おせち料理の選び方

 

海鮮おせちとは、文字通り海鮮を使用したおせち料理のことで海鮮ばかりのおせち料理の商品以外に、和風の基本的な料理に海鮮を多く使用したおせち料理もあります。

 

当サイトでご紹介している「旨いもの探検隊」の春の饗のおせちは海の幸ばかりを使用した本格的な海鮮おせちでしかも三大蟹までついているので海鮮好きにはたまらないおせち料理です。

 

また、同じ北海道のかにの通販でも知られる「北国からの贈り物」の独自おせちの「福寿膳」は和風おせちの基本的な料理に北海道の海の幸を盛り込んだ海鮮と和風おせちの折衷おせちです。

 

おせち料理は基本的には海の幸と山の幸を使用して作るのですが、ほとんどは山の幸を使用した料理が中心です。

 

では、おせち料理が何故山の幸のほうが中心に使用されているのでしょうか。

 

それは、もともとは節句に保存食として年神様にお供えしていた料理のことおせち料理と呼び、保存期間が長くて質素な食材といえば海の幸よりも山の幸のほうがダントツに多いからです。

 

しかし、時代が進むに連れ保存食としてだけでなく、家族でお正月を迎える大切な料理なので原価が高く色鮮やかで豪華に魅せれる海の幸をふんだんに組み入れるようになってきたのです。

 

 

海鮮おせち料理がおすすめな理由

 

ですから、高級感とボリューム感を与える海鮮のおせち料理である程満足度は高いと思います。

 

特に、かにや海老以外の鮑であったりウニなどの高級食材が盛り込まれているおせち料理はそれだけでもお得な感覚というものですよね。

 

その海鮮おせちの中でもうに新丈やうに一夜漬けといった珍味は酒の肴としてもとても美味で、お正月の食卓が一段と盛り上がること間違いありません。

 

又、鮑やホタテの貝柱といった海鮮食材は山の幸の料理さえも特別気にかけてくれます。

 

海鮮おせちは、以上のようにお酒にも合う料理が多いのでお正月も山の幸が中心のおせち料理よりも愉しめるであることもあります。

 

しかし、海鮮を多く使用しているおせち料理の場合は基本的に冷凍状態のおせち料理を選ぶべきです。

 

大抵は、冷凍や冷凍の個包装パックのおせち料理が多いですが、稀に冷蔵のおせちもあるので通販を利用する際は意識してくださいね。